【南砂】小学生からの勉強習慣

こんにちは。今日は少し涼しいですね。

5月も中旬に入りましたが、このまま梅雨になりそうです。

 

さて小学生の保護者の皆様

「お子様に勉強習慣はついていますか?」という問題です。

この「勉強習慣」とは、自ら行う勉強を対象にしているため、

宿題で出されている、誰かに言われて勉強を行う事は抜きとします。

 

小学生から自ら勉強することは必要ですか?と聞かれたら、

「100%必要です。出来れば小学校卒業までには自ら出来るとよいでしょう」

と答えます。なぜか。いろいろな理由がありますが、

実は中学に行くと、毎日宿題が出るなどと言う事は殆どない。

中学ではテスト前にワークを提出することが宿題となります。

想像してみると、もともと自ら勉強をしない生徒が、

中学になって学校の宿題もないから「全く勉強しない」⇒テストの結果が恐ろしいことに”(-“”-)”

だから小学校のうちに「勉強習慣」は出来る限り早めに身につけた方が良いのです。

 

小学校6年生のAくんは、自習に来ています。自習に来て自らその時間を勉強にあてる。

最初は先生や教室長から自習に来るように誘われ、そのうちに何も言わなくても来るようになる。

習い事で忙しかったら(最近の小学生は習い事たくさんしてますね)、授業の前後で勉強をする。

こうなれば、勉強習慣もついたもの。中学になっても困る事はありません。

今からでも間に合う「勉強習慣」。中学生でもつけられます。

 

完全個別指導 「君の成績を必ず上げる」

スターディア南砂校

03-6666-8242