個別指導塾の料金体系と相場とは

中学生の塾選び

中学生の塾選び

お子さんが中学生になったタイミングで通塾を考える人も多いでしょう。
また、進級して授業が難しくなった時や、高校受験のために通塾を検討する人もいます。
中学生になると、定期テストや部活動が始まり、小学生とは違う生活がスタートします。
定期テストの結果や授業態度、提出物などで成績がつけられるので、定期テストもおろそかにはできません。
また、部活動によっては帰宅も遅くなり、自分で勉強時間をつくることができないお子さんもいるでしょう。
いざ、通塾を考えていても、それぞれの塾に特徴があるため、どのように選べばよいのか迷うものです。
きちんと理解をして選ばなければ、塾に入っても成績が上がらないことや、通いきれずに途中で辞めてしまうことになってしまうので、入る前に知っておくことが大切です。
中学生の塾を大きく分けると、個別指導と集団指導があります。
違いを知って、お子さんに合う塾を選ぶようにしましょう。

料金体系の違い

料金体系の違い

集団指導塾は、複数の生徒が同じ時間で、同じ授業を行います。
多くの生徒がいる塾であれば、レベル別にクラスを分けているところもあるでしょう。
料金は個別指導塾よりも安い傾向がありますが、みんなに合わせて授業が行われるため、理解できずに進んでしまうことや、分かっていることでも授業をうけることになるでしょう。
また、授業日程や時間が決まっているため、塾に合わせた生活スタイルを送る必要があります。
個別指導塾は、生徒に合わせたレベルで授業を行います。
理解せずに先に進むことがないため、学力アップが期待できるでしょう。
料金は集団指導塾よりも料金は高い傾向にあります。
個別指導塾は1人1人に合わせたカリキュラムを組み、目標や学力によって授業時間も決めるため、料金形態をホームページに記載していないことが多いです。
また、個別指導塾でも担任制や自立学習を重視した自習室を設けているところなどもあるので、調べてみるとよいでしょう。
通塾を決める上で、料金体系も大きな要素の1つになります。
お子さんにとって、最適な環境とモチベーションを引き出せる塾選びをするようにしましょう。