中学生の個別指導塾で重要な教え方とは

安心して預けるために知っておきたいポイント

安心して預けるために知っておきたいポイント

中学生から個別指導塾に通わせようと考える保護者が少なくありませんが、どのように選ぶべきか迷うこともあるでしょう。
学力を伸ばしたい、受験対策をしたいなど、それぞれの目的に合わせて通わせることになりますが、保護者にとって大切な子供を預けるため、どのような講師なのか気になるはずです。
特に、個別指導塾は集団とは異なり、生徒1〜3人に対してマンツーマンで授業を行いますが、少人数だからこそ先生の教え方次第で成果が変わってきます。
個別指導塾で重要な教え方について知り、安心して子供を預けられるところを選ぶことが大切です。
重要なポイントは、どのステップで生徒が分からなくなっているのかをしっかり見極められることです。
講師は学力が高く、勉強ができてもつまずいている生徒に気がつかずに、どんどん進めていってしまうことがあります。
教え方がうまい先生は、どの段階でつまずいたのかを見極めることができ、生徒の歩幅に合わせて進めていくことが可能です。

スピードと質問

チャンスを与え続けてはいけない

保護者が授業を受けて講師の教え方を判断することは難しいため、実際に通っている本人から感想を聞いて見極めることになります。
体験授業などがあれば自身の子供に感想を聞いてみましょう。
その際に、解説のスピードは速すぎないか、先生から質問がたくさんされるかがポイントです。
解説するスピードが速すぎると感じていれば、置き去りにされている可能性があります。
また、質問の多さについては、生徒の頭を強制的に使わせている授業になり、理解度を高めていくことができます。
逆に何も質問をしないまま手順だけを説明すると、生徒自身は頭を使わずにただ聞いてわかっているつもりになってしまうのです。
講師から質問をしながら手順を確認していくと、インプットとアウトプットをしっかり行うことができます。
このように重要なポイントがあります。
高校受験を控えている中学生は時間を無駄にすることはできないため、安心して学ぶことができるかどうかを保護者がしっかりと見極めて選びましょう。