中学生の個別指導塾での注意点とは

選び際に気をつけたいこと

選び際に気をつけたいこと

中学生が通う個別指導塾を探している保護者もいるのではないでしょうか。
学校の授業だけでは足りない部分を補うことができたり、中学生の時から大学受験を見据えて少しずつ準備をしていきたいという場合には個別指導塾が役立ちます。
しかし、中学生の個別指導塾選びには注意点があります。
費用の問題もありますが、授業の内容もしっかり把握しなければなりません。
子供にとって本当に効果のあるところなのかを判断することが大切です。
注意点の一つは、定期試験の対策を行ってもらえるかどうかです。
個別指導塾によって重視していることが異なり、定期試験対策を中心とした指導なのか、高校入試のための授業を行うのかなど、特徴があります。
入塾する目的を明確にした上で選ばなければ、納得のいく結果をだすことも難しいでしょう。

内容と費用を確認しよう問

内容と費用を確認しよう

中学生の個別指導塾では、公立向け、私立向けどちらなのかを確認することも重要です。
学校の授業内容も公立と私立では大きく異なり、指導方法も変わってきます。
公立は教科書を中心に授業が進められ、私立は独自の教科書を使用している学校や、授業のスピードが早く広い範囲を学ぶため、通っている学校に合わせた個別指導塾を選ぶ必要があるのです。
また、契約前にカリキュラムの説明ばかりをして子供の目標の話が出ない塾も、いい塾とは言えないでしょう。
すでに決まっているカリキュラムを学習するだけで、一人ひとりに合った内容で教えてくれない可能性があります。
保護者としては費用も気になるところです。
個別指導塾は集団塾と比較すると、費用が高めに設定されています。
一回の授業で1〜3名ほどしか指導することができないため、高くなってしまうのは仕方のないことですが、相場よりも高めに設定しているところも少なくありません。
管理費や教材費で高額になったり、長期休みの特別講習の費用が別途かかることもあります。
通い続けることが大切であるため、保護者も払い続けられる価格設定のところを選びましょう。
中には安価をうたう個別指導塾もありますが、そのような場合には安くできる理由をしっかり明確にして納得した上で決めるようにしましょう。
このように中学生の個別指導塾を選ぶ際には注意点があります。
失敗しないように慎重に選んでみてはいかがでしょうか。