中学生の個別指導塾が定期テスト対策の近道になる理由とは

どちらがおすすめ?

どちらがおすすめ?

定期テスト対策に悩んでいる中学生も多いのではないでしょうか。
学校で習った範囲が出題されるため、学校の授業をしっかり聞いていれば定期テストもクリアできるものだという印象を持っている保護者も多いかもしれません。
しかし、中学生になると簡単には授業についていくことができなかったり、自分で勉強方法を考えて自宅学習に集中できるというわけにもいきません。
中学生は部活や友達との遊ぶ時間も大切であるため、勉強の優先順位を下げてしまうことも多いのです。
子供自身がしっかりと対策ができないのであれば、塾に通わせることも検討してみてはいかがでしょうか。
塾にも2つのパターンがあります。
1つは集団塾、もう1つは個別指導塾です。
どちらを選べばよいのか迷うことも少なくありませんが、苦手な教科をしっかりと対策をしたい場合には中学生の指導も行っている個別指導塾がおすすめです。

弱点をあぶりだし解決してくれる

弱点をあぶりだし解決してくれる

個別指導塾は少人数で授業を受けることで、1人ずつの弱点と向き合って解消していくことができるのがメリットです。
中学生は通っている学校によっても扱っている教材が違うケースや進み具合も違うことがあります。
その学校の先生がオリジナルでプリントを作成して、そこから定期テストを出題することもあるでしょう。
集団塾だと1人の生徒に焦点を当てることができないため、苦手対策をして欲しいところがあっても扱われないことがあるのです。
個別指導塾は1人の先生が2、3人の生徒をみるため、わからないところをしっかりとわからないと伝えることができます。
しかし、逆にわからないところをアピールできなければ、先生も弱点を理解することができないため、効果が半減することもあります。
生徒自身がアピールし、それに対して講師が的確なアドバイスをすることができれば、定期テスト対策は大きな効果を発揮します。
集団塾よりも人数が少ないため、疑問点を伝えやすいですが、授業を受ける前にわからないところを探しておくなど、取り組み方に工夫しておくと効率よく学んでいくことができます。
費用負担は集団塾よりも個別指導塾は比較的高い傾向がありますが、確実に定期テストの点数を伸ばしたいと考えている場合には、個別指導塾を選んでみてはいかがでしょうか。