中学生の個別指導塾に向いている子とは

闘争心を煽ることのできる集団タイプ

闘争心を煽ることのできる集団タイプ

中学生から塾に通わせる家庭も少なくありませんが、その際にどこに任せるか迷うこともあるのではないでしょうか。
小学生とは異なり、中学生は高校受験や大学受験を見据えて、土台を作り上げていかなければなりません。
そのため、塾の選び方は重要です。
クチコミなどで評判の良い塾でも、自分の子どもとは相性が悪いこともあるでしょう。
また、集団塾と個別指導塾も特徴が異なるため、それぞれの特徴を理解した上で検討することが大切です。
まず、集団タイプの特徴は、他の生徒と一緒に授業を受けることで競争心を持たせ、学力が伸ばせるという点が挙げられます。
負けず嫌いで積極的に質問して学ぶ子どもは集団タイプが向いていると言えるでしょう。
しかし、マイペースな子どもはついていくことができなかったり、集団に馴染めかったりするケースもあります。
そのような子は個別指導塾がお勧めです。

マイペースで学習ができる

マイペースで学習ができる

個別指導タイプはコツコツと自分にあったペースで学んでいくことができるといった特徴があります。
少人数制なため、手を挙げて質問がしにくい子どもにとっても質問がしやすい環境です。
また、個別指導塾に向いているのは、自分の意思でこうなりたい、このようなことがしたいと明確な目標がある子どもです。
例えば、数学のテストで高得点を取りたい、英検2級を取得したいなどです。
一つ一つの積み重ねが受験の合格へ結びついていきます。
また、集団タイプの授業が合わないと感じている場合にも、個別指導塾を経験してみると良いでしょう。
個別タイプは問題を解く姿も講師が見ています。
そのため、わからないことや、つまずいているところがあれば講師が気づいて教えてくれるのです。
周囲の影響を受けずに集中して勉強ができる環境は、個別タイプならではの特徴です。
しかし、自分の子どもの性格を一番に理解しているのは保護者ですが、実際に授業を受けてみなければ向いているかどうかわからないこともあります。
中学生の時期を無駄に終わらせないためにも、しっかりと特徴を把握し体験授業などを受けて相性の良さを確認してみてください。