中学生の個別指導塾と家庭教師の違いとは

学校の勉強だけでは不十分な場合は

学校の勉強だけでは不十分な場合は

中学生になってから個別指導塾に通わせたり、家庭教師をつけようと考えている保護者もいるのではないでしょうか。
小学生とは異なり、中学生になると勉強も難しくなります。
これまで勉強に自信があった子供も、中学生になってからついていけなくなったり、苦手な教科ができてくるものです。
いずれ高校受験や大学受験の時期がくるため、早い段階から対策もしておきたいでしょう。
学校の授業だけでは対策が不十分な場合もあるため、外部で指導者をつけることも少なくありません。
その際に、個別指導塾に通わせるか、家庭教師をつけるか、迷うこともあるのではないでしょうか。
それぞれ特徴があるため、違いを理解した上で、自分の子供に合った方法を選択することが大切です。

違いを知った上で検討しよう

違いを知った上で検討しよう

個別指導塾の特徴は、一人の講師に対して生徒が二人から三人で指導が行われます。
集団塾とは違い、個別に指導するために、質問もしやすいです。
中には学校の授業や集団塾など、人が多い場所で手をあげて質問することが苦手な子供もいるでしょう。
個別指導塾のように人数が少なければ、質問がしやすいのです。
家庭教師の場合も一対一で行われるため、質問がしやすい環境が整っていますが、個別指導塾の方が仲間を意識しながら勉強ができるという特徴もあります。
友達になると塾に通うのが楽しみに感じることもあるでしょう。
また、家庭教師は自宅に来て、子供の部屋で学習を行うのが一般的ですが、保護者は講師に対して気を使ったり、子供も切り替えができず集中力に欠けたりダラダラしてしまう恐れがあります。
一方、個別指導塾は塾に行かなければならないため、通う時間や交通費などはかかりますが、勉強する気持ちに切り替えやすいです。
講師に気を遣う必要もありません。
このように、二つには違いがありますが、おすすめは個別指導塾です。
家庭教師は講師によって得意、不得意があり、学歴などによって指導料も変わってしまいます。
特に受験を控えている場合、全ての教科を教えてもらいたいものでしょう。
個別指導塾は講師によって指導料も変わらず、講師の質も高いため受験対策も心配ありません。