中学生の個別指導塾にある成績保証制度とは

個別指導塾で補う

個別指導塾で補う

中学生になると勉強のレベルが高くなり、学校の授業だけでは十分に理解できないケースが少なくありません。
また、部活動などで忙しくなり土日も部活を行い、平日は疲れて自宅学習をせずに寝てしまう中学生も多いでしょう。
高校受験や将来のことを考えると、保護者は不安になるものです。
学校の授業でしっかりと理解できれば問題ありませんが、不十分だと感じている保護者は塾に通わせて補っていくことも検討してみてはいかがでしょうか。
その際は個別指導塾がお勧めです。
集団の塾は1クラスの生徒数が多く、質問がしにくい環境や学校の授業と同じ感覚を持って積極的に勉強しないことがあります。
個別指導塾であれば、先生1人につき、1〜4人の生徒で指導をしてもらえるため、質問がしやすく自分のペースで学んでいくことが可能です。
個別指導塾にも様々な種類がありますが、選ぶ際は成績保証制度のあるところを選ぶと安心です。

どんな制度?

どんな制度?

成績保証制度は成績が上がらなければ特定の期間中の授業料を無料にするといったものです。
高い費用を払っているのに子どもの成績が伸びない、授業料を垂れ流しにしている状態は、保護者にとっても大きな負担になりますが、成績保証制度があれば安心して任せることができます。
しかし、条件は塾によって異なるため、よく確認してください。
例えば、受講回数や遅刻、欠席の回数、宿題の提出状況です。
受講回数が少なかったり、遅刻や欠席が多く授業をしっかりと受けていない生徒は、いくら講師が質の高い授業を行っていても成績は上がりません。
塾側の問題ではない場合は、授業料が免除されないため注意が必要です。
また、免除されるというだけで塾を選ぶことはやめましょう。
これは、指導内容に問題があり、通い続けても成績が改善されない可能性があるからです。
一つの基準として判断するのは問題ありませんが、成績保証制度だけにこだわるのはお勧めできません。
しっかりと取り組んでいるのに、いつまで経っても成績が良くならない時は塾を変更することも考えていく必要があります。
中学生から定期テストや受験勉強を意識して学習を続けていかなければなりません。
成績が上がる仕組み整っている個別指導塾を選んでみてはいかがでしょうか。