中学生向け個別指導塾の失敗しない選び方とは?

自然と学習ができる環境を整えよう

自然と学習ができる環境を整えよう

小学生と比較すると中学生は学ばなければならない量が増えたり、難易度が高くなったりします。
そのため、小学校時代は遊びやスポーツに一生懸命だった子供も中学生になると、勉強時間をしっかり確保して学習する習慣を身につけていく必要が出てきます。
中学生時代に勉強についていけなくなると高校に進学しても追いつくことができず、大学進学にも影響を与えてしまいます。
しかし、学習する大切さがわからず、将来使わないことをなぜ勉強しなければならないのか、スポーツの方が大切だと思っている子供も少なくありません。
学習に対して消極的になっている状態で保護者が強制して机に向かわせると逆効果になる可能性もあるため、自然と机に向かうことができる環境を整えることが重要です。
中には、塾に通わせて週に数時間、必ず勉強をする時間を確保している保護者もいるでしょう。
塾にも様々な授業スタイルがあります。
一つのクラスの生徒数が多く学校の授業と同じような雰囲気だと授業中に寝て終わってしまったり、ただ時間がすぎるのを待っていたりする子供もいるかもしれません。
高い授業料が無駄になっていると感じている保護者は個別指導塾も検討してみてはいかがでしょうか。

サポート内容をチェックしよう

サポート内容をチェックしよう

全国各地に様々な個別指導塾があるため、選び方がわからないという保護者も多いのではないでしょうか。
選び方を失敗すると、個別指導塾であっても学力に結びつかないこともあるため注意してください。
選び方のポイントは、塾の授業時間以外のサポートです。
一回の授業を受けても成績が大幅にアップすることはありません。
積み重ねていくことが大切であるため、自宅でも取り組むことが求められますが、勉強に対して苦手意識や嫌いという気持ちがあるとお家では全く机に向かわなくなってしまいます。
そこで、個別指導塾からお家でも勉強させるためのサポートがあれば、自然と机に向かわせることができるのです。
例えば、自宅での学習内容を一緒に考えてもらえることや、宿題を出して復習テストを実施し、しっかり定着しているのか確認してもらえるなどのサポートです。
反復することで定着していくため、自宅での取り組みもアポーとしてくれるところを選ぶといいでしょう。