中学生の個別指導塾と集団指導塾の違いとは

それぞれの特徴を知った上で選ぼう

それぞれの特徴を知った上で選ぼう

中学生になり塾に通い始める人も少なくありませんが、いざ通わせようと考えたときに個別指導塾か集団指導塾か迷うこともあるのではないでしょうか。
中学生は、勉強と部活との両立のためや高校受験のための準備として塾に通う子が多いです。
しかし、子供に合ったところを探さなければ子供の将来に大きく影響することになります。
それぞれ特徴が異なるため、違いを理解した上で検討することが大切です。
大きな違いは、誰に合わせて授業が行われるかです。
集団指導塾は先生のペース、その塾のカリキュラムに合わせて進みますが、個別指導塾の場合は生徒のペースに合わせてくれます。
どちらが良い、悪いというわけではありませんが、志望校が明確にある場合は子供のペースで勉強してはいけません。
志望校に合格するカリキュラムで進めていかなければ、間に合わない可能性があるため、集団指導塾では合格できるように進めていきます。
個別指導塾は、子供のやりたいことを優先しつつ、無理のない範囲で勉強していくことができるのが特徴です。
部活や習い事を一生懸命取り組んでいるのであれば、無理にやめさせるのではなく、上手に並行して取り組ませる必要があります。
ストレスを感じることなく、余裕を持って自分の個性を伸ばしていくことができるでしょう。

環境に合わないこともある

環境に合わないこともある

競争や評価の環境があるかどうかといった点も違います。
集団では成績優秀者が掲示板に張り出されたり、ランキングや点数を公表して生徒同士で競争心を働かせたりすることが多いです。
やる気を引き出す一つの方法ですが、それが苦手な子供も少なくありません。
競争や評価の環境でコンプレックスを感じて、やる気を失う場合があるのです。
全ての子供が競争心を持って生徒同士で競い合えるわけではないため、競い合う環境を避けてあげなければなりません。
また、個別の方が好きなタイミングで質問ができるというメリットもあります。
一つの教室の中で大人数が学ぶ時には、わからないことがあってもなかなか手を挙げることができない場合があります。
マンツーマンでは質問をしやすく、わかるまで教えてくれるのが特徴です。
中学生は大切な時期であるため、高校受験を無事にクリアできるように子供にあったところを選びましょう。