中学生の個別指導塾に通う回数は週に何回が効果的?

何回が効果的?

何回が効果的?

中学生を個別指導塾に通わせる保護者も多いですが、どれくらいの頻度で通わせるべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。
学年や現在の学力、子供の性格によって変わってくるため、効果的な回数は週に何回と決まっているわけではありませんが、子供の状況や目標を聞きながら決めていくことが大切です。
基本的には少なすぎても、多すぎても効果がありません。
多すぎる分には良いというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、勉強に対しての嫌気がさして長続きしない可能性があるのです。
中学生のうちから勉強に対して嫌なイメージを持ってしまうと、高校受験、大学受験の時に大変な思いをするかもしれません。
特に英語は積み重ねが重要な教科です。
早い段階から勉強が嫌いになって学習をしないと、後から追いつくことが難しくなります。
そのため、モチベーションが下がらない程度に調整しましょう。
また逆に回数が少なすぎると、個別指導塾で身についた知識や考え方が定着しないため非効率です。
高校受験間近の中学生は、追い込みの時期であるため多少の無理があっても出来るだけ多く個別指導塾に通わせましょう。

まずは相談してみよう

まずは相談してみよう

子供によって効果的な回数は異なるため、保護者と子供がしっかりと話し合って、目標や要望を明確にした上で決めていくことが大切ですが、わからなければ個別指導塾の講師に相談するのも一つの方法です。
講師は様々な生徒を見てきており、学力や性格なども踏まえた上で一人一人に最適な回数を提案します。
個別指導塾は子供一人一人に合わせて授業カリキュラムを組むことができるというメリットがあるため、有効活用することが大切です。
最初は様子を見るために週に1、2回、学年が上がったり授業を進めていくうちに慣れて目標がしっかりと定ったら週に3回などと少し回数を増やしていくこともできます。
部活や他の習い事、友達との遊びも優先したいと思っているはずであるため、通う時間が制限されることも少なくありません。
定期テストの前だけ回数を増やすなど、柔軟に対応してくれる塾を選ぶと子供も通いやすいはずです。
まずは相談してみてはいかがでしょうか。