中学生で個別指導塾を選ぶメリットとデメリット

どこを選ぶべきか迷った時は

どこを選ぶべきか迷った時は

中学生になってから子供を塾へ通わせようと考えている保護者も多いのではないでしょうか。
私立中学は小学生の頃から学校では対応しきれない受験対策を外部でカバーしなければならないため塾に通うケースが多いです。
しかし、公立は塾に通ったことがない中学生が多い傾向にあります。
そのため、いざ中学生から通わせようと思っても、どこを選べばいいかわからないことも少なくありません。
大きく分けると学習塾には集団と個別指導塾の2つのタイプに分かれます。
個別指導塾は先生との距離が近く、つきっきりで教えてくれるため、安心できるイメージがあるでしょう。
子供の性格によって合う、合わないがあるため、メリットやデメリットを理解した上で検討することが大切です。

特徴を知っておこう

特徴を知っておこう

メリットの一つは、一人ひとりの生徒のペースに合わせてくれることです。
集団の場合は全教科を総合した成績でクラスが分けられるため、苦手、得意な科目の授業があっても適切なレベルで学ぶことができません。
教科によっては簡単すぎたり、ついていけなかったりすることもあるのです。
講師がつきっきりであれば、得意科目はレベルや学習速度を上げることや苦手な教科はわかるまでゆっくりと進めていくことができます。
受験対策が始まるまで学ばない科目を決めて、その分を苦手な教科に時間をあてられることも魅力的です。
他にも、休んでも授業が先に進まない、質問がしやすいなどが挙げられますがデメリットもあります。
一つは、子供のペースに合わせてわかりやすく教えるということは、目標到達点が下がるということが考えられます。
受験は待ってくれないため、ペースが遅すぎると志望校に届かない可能性があるのです。
また、孤独感に陥りやすく、モチベーションの維持が難しいと感じる場合があります。
目的、目標が明確でなければ学ぶ意欲も下がってしまうため、注意しなければなりません。
このように、いいことばかりではありませんが、これらのデメリットを補うことが可能です。
例えば、孤独感、モチベーションの部分では先生一人に対して二人の生徒を見るところを選んだり、遅れすぎないようにカリキュラムや独自の学習法を実施している個別指導塾を選ぶことです。
デメリットの部分をうまく補いつつ、メリットを最大限に生かせるところを選んでみてはいかがでしょうか。