個別指導塾で中学生が模試の偏差値を上げるには

塾を変えることも一つの方法

塾を変えることも一つの方法

模試の偏差値が上がらず、悩んでいる中学生も少なくありません。
特に高校受験を控えている場合は、焦ってしまうものです。
このままの成績だと受験もうまくいかないと思い、不安になっている中学生に対して、保護者は、もっと勉強しなさいという言葉を投げかけてしまうこともあるでしょう。
既に塾に通っていれば、十分に勉強しているはずです。
それでも模試の偏差値が上がらない場合は、塾を見直すのも一つの方法だと言えます。
例えば、集団から個別指導塾に変更するなどです。
集団だと、なかなか質問ができない中学生もいるのではないでしょうか。
子供の性格は様々で、普段から手を挙げて質問ができる人もいれば、大人数になると恥ずかしいと感じて、わからないことをそのままにしてしまう子供もいます。
教科書や授業でわからなかったことを自分で理解するのは困難です。
モチベーションが下がる原因にもなります。
そのようにならないためには、個別指導塾で自ら質問がしやすい環境やわからないことをしっかり伝えて、解決できる場所をつくることも保護者ができることの一つだと言えるでしょう。

安心して受けられる

安心して受けられる

個別指導塾はそれぞれで授業の仕方が異なりますが、通常は生徒2、3人に対して一人の先生が付きます。
家庭教師のようにマンツーマンでついてくれる方が効果的なように感じますが、べったりとついた状態で勉強するのが嫌だと感じる子供もいるでしょう。
また、わからないことは考えなくてもすぐに教えてくれる、という甘えも出てくるかもしれません。
個別指導塾であれば、マンツーマンではないため、子供自身が自分で考える力も身につきます。
2、3人の生徒と一緒ですが、一人一人の能力や個性に合わせて別々に指導を行うため、安心感もあるでしょう。
さらに、子供と相性の良い先生を見つけやすいといった特徴もあります。
相性の良い先生に出会うことができれば、モチベーションも高まり、楽しい授業を受けることでやる気に繋がり、しっかりと勉強と向き合うことができます。
このように、個別指導塾は模試の偏差値を上げたり、受験対策の大きな手助けとなるため、検討してみてはいかがでしょうか。