個別指導塾での良い講師の選び方とは

選ぶ際に意識したいこと

選ぶ際に意識したいこと

中学生が通う個別指導塾は講師の選び方で子供の成績が変わります。
選び方が良いと成績が上がり、失敗すると成績は変わらなかったり、逆に下がる恐れがあるため、慎重に選ばなければなりません。
いくつかの個別指導塾を経験し、一人ずつ講師を見極めていくことは困難であるため、失敗のリスクを軽減するために、良い講師の選び方のポイントを知っておきましょう。
ポイントの一つは指導力です。
個別指導塾の講師は中学生に勉強を教えるのが仕事であるため、指導能力があることは当たり前のことですが、ただ教えるのではなく生徒一人一人のことをしっかりと理解し、的確な指導が瞬時に行える力が必要になります。
学力、性格が理解できる講師は、生徒がつまずいている理由がわかるため、一方的に解き方を教えて生徒がついていけなくなることもないでしょう。

欠かせないポイントとは

欠かせないポイントとは

コミュニケーション能力も欠かせないポイントです。
個別指導塾は集団塾とは異なり、一人一人の生徒と距離が近いため、コミュニケーション能力が必要になります。
しかし、距離が近いからといって友達のような関係ではありません。
良い距離感を維持しながら、生徒に合わせて話し方を変えたり、適度にスキンシップが取れる人がコミュニケーション能力があると言えます。
また、中学生になると科目数が増えるため、いくつもの科目を担当できるというのもポイントです。
学校や集団塾の場合、先生によって担当科目が異なりますが、個別指導塾は複数の科目を一人で担当しなければなりません。
人それぞれ得意、不得意があるものですが、講師も学んで生徒のレベルに合わせられる必要があります。
カリキュラムや仕組みがしっかりしている個別指導塾は、講師同士が相談するなどして、生徒に間違ったことを教えないように対策をしているため安心です。
このように、良い講師の選び方があります。
現在通っているところに不満がある場合は、塾そのものを変えるのも一つの方法です。
ホームページなどで講師が紹介されていることもあるため、どのような人が指導しているのかチェックしてみてはいかがでしょうか。