中学生で地域密着型の個別指導塾を選ぶメリットとは

受験対策もしっかりしている

受験対策もしっかりしている

中学生が通う個別指導塾にも様々なタイプがあるため、どこを選ぶべきか迷う保護者も多いのではないでしょうか。
最近では地域密着型の個別指導塾が増加傾向にあります。
地域密着型のメリットを知り、検討してみてください。
一つは、地域内にある学校の受験、勉強の対策がしっかりしていることが挙げられます。
中学生になると高校受験を意識して学習しなければなりませんが、受験対策の内容も志望校によって異なります。
地域内の高校に特化した個別指導塾であれば、効率よく受験対策をしていくことが可能です。
また、学校の授業内容やスピードもそれぞれで異なるため、集団塾は学校とは違う範囲を教わる可能性がありますが、地域密着型の少人数制では、その心配がありません。

授業の進め方を相談できる

授業の進め方を相談できる

授業の進め方を相談できるといったメリットも挙げられます。
中学生になると生徒一人一人の学力に差が出てくるでしょう。
苦手な教科があったり、理解するスピードも異なるため、学校の授業で遅れを取る生徒も少なくありません。
塾は学校の授業をカバーする役割もありますが、集団塾はすでにカリキュラムが決まっているため、生徒に合わせて進め方を変えることができないことが多いです。
少人数制の地域密着型であれば、保護者や生徒と相談しながら進め方を決めていくことができるため、授業についていけなくなるということはないでしょう。
他にも月謝がそれほど高くないというメリットがあります。
大手の場合、良心的なところもありますが比較的月謝が高く設定されています。
入塾当初は安くても後々高いコースを勧められることがあるようです。
地域密着型は小規模なケースが多いですが、広告にお金をかけていないなど工夫をしているため月謝も安くすることができます。
月謝が安いからといって授業内容が薄い、講師のレベルが低いというわけではないため安心してください。
このように、様々なメリットがあります。
特に長く続けているところは信頼性が高いとも言えるため、一つの判断基準にしてみてはいかがでしょうか。